上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
HALLOWEENN…それは夕が待ちに待った年間イベントの上位に
位置する素晴らしい日です。
この日は海外では収穫祭として発祥したらしいが、そんなモン
は知らん夕はただ、ナイトメアな夜を過ごしたいんだ。
仮装、ジャックオーランタン、Trick or Treat、フフフ…
そして、お菓子!
アンド可笑しな料理達!
仮装はまず伝説に残るような悪行を働いたものでなければ
なりません(や、夕の中でね)
で、スタイリッシュにいきたいものです。
簡単に言うなれば、二次元的なビジュアル系な感じを
3Dで表現したい!というのがそれなのですが、この願い、
まだ叶っちゃいませんでした
そしてジャックオーランタン!(お化けかぼちゃ)
これを作りたい飾りたい被りたい(!)食べたい(え)
その中で揺れる蝋燭達も素敵なアイテムの一つです
怪しげに揺れる炎というもの自体が人間の本能を、
欲望を高ぶらせる材料になると思いませんか君達!
(なんで偉そうやねん)
そしてお菓子!
最近は巷でもハロウィングッズと共にお菓子も
一般的に普及されるようになり、手に入りやすくなったし
松屋町(大阪の有名な玩具問屋街)でも夏の花火が終わる頃
チラホラ売り出したりしていたよ
お菓子なんかは海外の食料品屋サンなんかで一杯見かけた
もう、クリスマスとかより本当に楽しみだったんだよ~~

さて、昨夜の様子についていい加減。
昨夜は念願叶ってハロウィンイベントを企画する事に
成功したのです!この快挙は後に夕にエンドルフィンを
ダクダクと分泌させるのですが
まず上記に挙げました仮装について語りましょうか
夕は以前から絶世の美女のヴァンパイア(女性役)か、
ドラキュラ伯爵(男性役)か、意地悪そうで憎たらしい魔女か
ゴールドのカラコン入れた本気の黒ネコさん
の内のどれかがどうしてもしたかったんです
で、今回他のメンバーとも喧嘩せず選んだ結果、
魔女に扮する事になり、
それが決まったその日から、メイクどうしよとか
どれ着ようとかあんなことこんなこと夢膨らませて
胸躍らせておったわけです
まぁ衣装の調達なんか書いても面白くないのでどんな様子
だったかを綴りますと、顔はまず眉を一生懸命消しました
(夕の眉毛は少ないが最後までちゃんと存在し尚且つアートメイクが施されている為)
そして顔色もきちんとなくしました
アイメイクはKISSさながらの黒縁さんにしました
唇はご想像の通り黒い紅です
背中のがっぽり開いたドレスを身に纏いコルセットかよ
みたいなインナーにも、お肉大丈夫?とドキドキしました
その上に紫の透けるゴールドラメの施されたマントを翻し、
足元はSM穣バリのピンヒール&とんがりブーツを装着
しました
あ、おつむにはもちろんトンガリ帽子ですよ!
そんな姿の夕と、相方は黒猫(二人でチームO型)
チームB型はドラキュラと蝙蝠でした
ドラキュラの牙に憧れて、「えぇなーえぇなー」
を繰り返す姿は変態オヤジの様だったかも知れません
(単に自分がしたくて羨ましいだけ)
で、グッズも調達し飾りつけたり人を呼んだり
HALLOWEENNIGHTCocktailやお菓子に舌鼓を打ったわけです
人様からすればクリスマスパーティー並みのもの
かもしれませんが夕にとっては聖なる夜と相対する
ナイトメア(悪夢)の夜を初めて経験し、
また一つ大人の階段を登ったのでした
まぁまぁ、階段は登りきったけど一旦
降りてきたんちゃうんか
という噂もありますがそんなものは聞こえません
(言わないで年齢は関係ないのさ)
そんなところです
触りだけとか思ってたのに書き連ねてしもた
画像があればよいのだけれど原始的に
インスタントカメラ(恥)とかで盛り上がってしまったので
絵面は後日写真が出来上がってから
端末に吸い上げられれば公開しますので時期はずれでも
その際は一緒にはしゃいでやって下さいな

スポンサーサイト
2005.11.02 Comment:0 | TrackBack:0
何かがおかしい。
このブログ、おかしなことになっています。
管理人であるはずなのに管理できていない事実が浮上です。
なにって、まず2点。
1.訪れた人が居るよーってお知らせしてくれていた機能が一昨日から作動していない様子。
2.コメントへの返信がわからず、自分でコメントを送ったような形をとってしまったら、その後新規に記事を書こうとしたらそのコメントした時の記事が勝手に反映されて出てくる始末。

一体どうしたらいいんだ…ワカラン
次の週末まではこのままゴリ押しで使ってみるか…
はたまた徹夜してお勉強してみるか…
(そんな時間あるなら寝なさい)

2005.11.02 Comment:2 | TrackBack:0
「今月号のitomaの表紙は可愛い」
突然何かという切り出しですが、
そう、可愛いのです。
想像してみて下さい。
淡いピンク地ベースにチョコレート色の茶色と
角砂糖の白で彩られたその表紙。テーマは「黒糖」の模様。
ピンクと茶色と白の融合なんて、思わず連想されるのが
「イチゴパフェ」
じゃないですか?どうですか?
一人で表紙を見ながら半ニヤになっているAM11:00頃です。
(ガッツリ仕事中)
しかし表紙をめくると一体どんな甘い世界が広がるのでしょうか?
茶色い夢(*´∀`)  …茶色?
おっと、自分で言っておきながら「茶色い夢」て、なんか不味そう
な響きを醸し出してしまった、いけない。
しかし茶色い食べ物に不味いものはかつてあっただろうか
一番に思い浮かびますチョコレート、
カレー(あ、いろんな色あったな)ハッシュドビーフとか
デニッシュパン、お肉、とんかつソース(食べ物ではないな)
コーヒー(おーこれは大好きな琥珀色の飲み物だ)
とにもかくにも中身が楽しみです。
お昼休みに読もう読もうと思ってはいるが
どうもお昼のチャイムが鳴るとそんなことコロッと
忘れてしまうようです
そうして何日も過ぎ、ヤツは未だ私のデスクのラックに
鎮座しております

これだけ騒ぎ立てて、まさか中身はまだ読んでいないなんて


2005.11.02 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。