上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
結論から。

印鑑合致しました。

お騒がせしました、そうだよーやっとこさ、ですよ。
昨日の印相違に引き続き、BKで印鑑照合してもらいました今日。
4度目にしてやっと やーっと 印鑑合致しました。
ふぅ。大変やったわーたったコレだけの事に。
我が家には一体何個印鑑あるのでしょうか。
あの数は全くもって 本当に無駄です。
だって昨日は夕、母に詰め寄りましたもん。

「コレ違う言われたでぇ!」としょっぱなからキレ口調の夕。
母も何故か無駄にキレ口調で応戦。
「知らんわアンタ自分の事やねんから自分でしぃ」
ね、ムカつくでしょ。
「ドコにあんのよ!あの束なった印鑑!」
夕も引きません。
「そこら辺探しぃ!」
出たよ。頼むわ母よ、君が印鑑全部管理してるんちゃうんかい!
夕は保管場所すら知らないって言うのに!

母上はブツクサ言いながらハンコの山を持ってきて
「ほら、もう自分で探しや」ですって!
何ギレか全く解らん。あなたがキレるとこちがうでしょ
完全に、百 逆ギレやでそれ。
腹立つから黙々と印鑑をガチャガチャ探し回ります。
ちょっと昨日を振り返り…
銀行員さんがね、「印鑑(の形)をお見せする事はできないですが
このような物です」と言って親切に絵を描いてくれたんです。
その情報を頼りに探していたら、全く同じ様なんで微妙に違うのが二つある。
うわぁ… 間違いなくヤツ(母)はどうかしている。
こんなそっくりのハンコを持つ人間の気が知れない。
何の為に?
ハンコって大概どれがどれだかごちゃ混ぜになって訳わかんねー!ってなるから 普通余り似たのって使わないようにするでしょう?
なのにヤツ(母)はやっている。お馬鹿さんだ。

「もぉーーーー!」
夕の心の叫びの矛先が見つからない。
(だって口に出して文句でも言おうもんならギャーギャーうるさいからね)
結局、「母よ、コレどっちと思う?」と尋ねたら
「これは絶対ないからコッチ」と余りにもあっさり回答が返ってきた。(どうやらケースで判別している様子。今度悪戯で入れ替えたろかとちょっと思ってしまった)
そうそして無事に 期待していなかった母の力でようやくカードを作れる事になりました。契約もしてきましたよ!
月曜日に審査の結果がわかるんだ。
なんか何でもないことの筈なのに、ちょっと楽しみ!




追記:昨日の記事「印相違」の冒頭部分少し訂正しましたよ
スポンサーサイト
2005.11.26 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。