上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
鈴が鳴る~
本日目が覚めて枕元にプレゼントがなかった夕です。
サンタさんは迷子になったんだ。そうだそうに違いない。

昨夜はイヴだと言う事で、何もないのも癪なので既婚女性と二人で食事に行きました。
実はこの既婚女性とは去年のイヴも一緒に過ごした仲です。

=去年のイヴ=
「クリスマスと言えば鶏でしょ!鶏肉食べたい!」
と豪語する夕。
「こんなクリスマスに予約もなく、空いてるお店なんてあるわけ無いでしょう」
と連れて行かれたのは焼鳥屋。
「ちがーう!」と異議を申し立てるも空しく、備長炭の炭火焼きの焼鳥に舌鼓を打つ。
そんなクリスマスイヴ
今年は去年の二の舞を踏むまいと反省し、「絶対洋食!」と断言する夕。
しかし当日手配しようとしたところで、いくら知り合いのお店でも難しいというものです。
逆に気を遣わせるのもなんなので、街をブラッチして決める事に。
実は以前から行きたかったイタリア料理店があったので、そこはいかが?と店先に着いたら
「御予約様で満席です」の立て看板。
別に。 別にそんなことでは傷つかへんもん…(かなりへこむ)
仕方がないので洋食屋さんを探して歩いていると、やっぱりクリスマスだけあってどこもかしこも満席です。
猫も杓子も皆外食してるらしい。
しばらくしてアメリカンビアレストランの前に差し掛かりました。
そういえば、リニューアルしてから来てないよね みたいな話になり、
ココに決めました。(唯一空いていただけ)
「本日大変込み合っておりまして、二時間制とさせていただいても宜しいでしょうか?」
なんかどこぞの居酒屋さんみたいなシステムです。
「構わないですよ」と言いテーブルにご案内されました。
一応ね、ここはやはりクリスマスコースを頼むのです。
食前酒にドンペリなんか嗜み、コッポラ(映画「ゴッドファーザー」等の監督の所有するブドウ畑で作られたワインです)をオーダーしました。(ビールが売りのビアレストランで)
「浅いし甘い」とかブツブツ言いながら料理を待っていたのですが
一向に出てこないのです。間違いなく夕たちの後に来店した他のテーブルに先に料理が運ばれている光景を見るにつけ、「コースだから時間がかかってるだけ」と夕をなだめる既婚女性。
そして待つこと30分以上してやっと料理が運ばれてきたのですが
それはいきなり魚料理。
え?
引き続きパスタが運ばれる。(はや!)
肉料理が出てきた時に
「お客様、そろそろラストドリンクをお伺いしても宜しいでしょうか?」
の店員の発言に」夕の堪忍袋の緒がプツリと言いました。
「料理きたばかりでしょ?しかも順番も全くコース通りじゃないし。前菜なんて来てないけどどうなってるの?」
と至って穏やかに問いかけました(苛々を噛み殺しながら)
すると「すぐに確認して参ります」と慌てるスタッフ
「そうしてもらえる?」と実に高飛車な夕の対応でしたが、
そうするには理由があります。夕が言わないと…連れがキレるのです。
この既婚女性は末恐ろしい方で怒らせると大変なのです。
代わりに夕が苦情を言う事で何とか逆鱗に触れずに済むのです。
「申し訳ございませんすぐに前菜の方お持ち致します。お時間の方もお構いなくごゆっくりごくつろぎ下さいませ」とホールリーダー的な人間が飛んできました。
「当たり前やね」と夕の小さな独り言を既婚女性が「間違いないね」と聞こえるようなボリュームで…(>_<)
そして全くめちゃくちゃな順番で前菜も来たり続々と料理が運ばれてきてテーブルはいっぱいです。
ムードも何もあったものじゃございません。
でも、「あーあ」という気分になりたくないので必死で会話で誤魔化す。楽しい気分になるように(何て健気な二人)
実際普通に楽しい気分になったのはデザートの時だけ。
しかしこれがまたコースのデザートにしちゃ「量多いな!」というサイズでびっくりする。
既婚女性がギブしたので(甘いのが苦手らしい)彼女の分まで夕はデザートをいただきました。(本日一番の笑顔)
帰る頃には糖分の過剰摂取で気持ち悪かったのは言うまでもありません。
しかしその後バーでプリンを食べ、その上ケーキを食べたなんてキリストでさえ予想できますまい。

以上が「メリークリスマス!夕version」でした。
皆様の楽しいメリークリスマスを願いつつ…
スポンサーサイト
2005.12.25 Comment:3 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。