上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
「こら!」@2005/11/05で書いた健康診断の結果が出てから随分ほっちっちにしていたのでそろそろ発表しても良いでしょうか?
結果は至ってシンプル。「所見ナシ」の文字の羅列。
…嘘つくなよオイ…
健康診断というならばその名の通りもっとちゃんと夕の体を見ておいた方が良いと思う。健診には歯科検診がなかった。作ったら良いのに。
特に虫歯なんてちゃんとチェックして欲しいんだ。
だってね今日また歯医者さんに行ってきたのですが、(余りの予約の取れなさに先日医院を変えたら)今回衝撃の事実が発覚したのです。
夕の痛い歯は虫歯を通り越して「上顎炎」を起こしていたらしい。
上顎炎ってなあに?の夕にこんな解説。
1)歯が原因で上顎洞に炎症が波及(狭義の歯性上顎洞炎)
要するに、歯のバイキンさんが根っこにまで悪さをし、痛くなった根っこさんの悲しみがその周囲の鼻腔や歯茎にまで影響を及ぼすという悲しい結末。
悲しい悲し過ぎる。
夕、一年近くちゃんと歯医者に通っていたのに…
これは完全に医者の落ち度じゃないのか?
悔しい。でも、泣いても怒っても夕の健康は取り戻せない。
あー腹立つ!
「こんな事になって治らないなら最終抜いてもらって結構です」と半泣きで(いい歳して)言いました。
確かにこんなに悪いと抜いた方が治りが早いとのことで。(本人も楽やし)
「でも、治療して治らないわけじゃないです。抜くのは最終手段で、現段階は薬を服用してもらって炎症を取り、それから治療に専念しましょう」と歯医者さん。
痛いのは嫌いなんだ。だから夕はピアスも両耳に開いてないんだよ?またあの痛みを味わうのかと断念したんだ(初めから両耳開けておけば良かったものを)
薬を服用したとしても、次回の予約は年明けやん?大丈夫なのか、夕の歯は。
帰る際、3日分の薬を渡されて「これで足りますか?また痛くなったりしませんか?」
と半ば強引なおねだりして余分に鎮痛剤をもらいました。(大量に)
やっぱり健康診断には歯科検診も取り入れるべきだ。間違いない。
小学校の健康診断には歯科検診もあったのに。
歯科検診も実施して欲しい夕の切なる願いを叶えて欲しいもんだわ。
スポンサーサイト
2005.12.28 Comment:2 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。