上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
いよいよハワイ珍道中も最終回です。

この日はカネオヘベイでシーウォーカーを体験します。
シーウォーカーとは何ぞや?と申しますと
宇宙服のヘルメットのような物を被って海底を散歩するのです。
スキューバなどは呼吸法をマスターしなければいけなくて
でもできなくて、断念する人もいるのですが
このシーウォーカー。
空気のヘルメットをかぶったまんまなので苦しいこともなんともありません。
お化粧したままだって海に入れるのですから!

カネオヘはハナウマに近いイーストサイド。
ここも綺麗な海でスキューバもシュノーケリングも楽しめる場所です。
出発口からボートでポイントまで向かいました。

ここで、水中カメラの販売をしておりました。
今日は海の中に入るのがメインだし…
必要だなと思って購入。

ポイントから更に小さなボートで極ポイントへ向かうのですが
その道中、新婚のご夫婦と同乗して写真の取り合いっこをして
また見知らぬ人と仲良くしていました。

ポイントに着いたら簡単な説明を受けウェットを身に纏います。
頭にかぶる大きなドラえもんのようなヘルメット。
「小さなお子様からお年寄まで参加可能♪」
と謳っている割には重すぎる。
約40キロです。(水の中では5キロ以下に感じますよ)
海から顔を出しただけの状態でスタンバっていても、
被せられたら勝手に沈んでしまうほど。
でも海底についてからは余裕シャクシャクです。
お魚の餌付けエリアまでスキップしながら進みました。

お魚ポイントについたらね!
インストラクターが「魚の餌」を持たせてくれて、
そしたら そしたら
お魚たちが我先にと夕の手を突っついてくるのです!
コワイ!
ドラえもんの中でコワ面白さに
「あっははははははは!」
って笑っているとインストラクターも
そんな夕を見て大爆笑です^^
(声は聞こえないのですがね)

ここで活躍するのが先ほど購入しました「水中カメラ」
お魚に餌をあげているところを撮ってもらおうと
餌を撒き散らしたら
レンズの前に魚の群れ群れ群れ!

これじゃあ夕達写らない。
カメラを構えたインストラクターが「余計な事すんな!」
て感じのジェスチャーをしていたので真面目に従いましたよ


ここで悲しいお知らせがあります。
帰国して、早速現像に向かったのですが
カメラ屋さんの一言に夕は言葉を失いました。
「お客様、こちら撮れていませんが」
は?
夕27枚全部撮ったちゅうねん。
日本語はちゃんと意味解るように話しなさいよあなた。
「いえ、こちら初めにフィルムをセットする時に、完全に巻けていなくてずっと空回りになっていたみたいですが」
・・・・・・・・・
嘘やろ?意地悪言ってるだけやろぅ??
「巻けてないから撮れていませんね」
何回も言わんでええねん。
言葉どころか楽しい旅の記録まで失った…

と思いきや。
何枚かだけ(何故か)拾うことが出来たらしくって
その貴重な画がこちら。
(何よ勿体ぶらせて!)

DSC00481.jpg

DSC00482.jpg

DSC00484.jpg

(ドラえもん、としかわかんない)

楽しいHawaii滞在も今日で最後です。
ホテルで「帰りたくない」とグズりながら、
またもベランダでビールを飲みながら
旅の感慨に耽っていたのですが
ふと気付くとビールがなくなっちゃった。
「ちょっと買ってくるね!」
と時間も考えずホテルを飛び出しました。

ABCストアでお酒を買おうと思ったのだけど
23時を過ぎると販売してくれないようなのです。
(更にお酒は21歳以上でないと飲酒を認めてもらえないらしく、日本人は幼く見えるのか夕はどこに行っても「ID見せて」と言われました)

いやいやそんなこと言わずに売ってよ…
スタッフに、「Secret please」を連発し
ズルいことに「こっそりでもダメ?」
って聞いたけど、苦笑いで「No」と断られました。
ちぇ。頭の固いやつめ。

そしてふと思い立つ。
最後の日なのでFabrizioに挨拶だけしようと電話をしてみました。
(嘘やで、この子BARでビール買う気で電話してますよ)

「まだお店にいてるの?」
と聞いたら、
「今日はお店でパーティーで、今からクローズするところ」
という言葉が返ってきた。

そんなん嫌や。
「今日が最後だから挨拶しようと思って。
一杯だけ、、、大丈夫?」
とゴリ押ししてみたら
「喜んでー待ってるよー」と言ってくれた。
そんなFaburizioが好きだ。

ホテルから近いのですぐに着きました。
本当にもうクローズの気配でお客様をお見送りしていた。
「今晩はー」って言ったら
「ようお越しー」みたいに夕だけお店に入れてくれました。

一応ドリンクを注文して、スタッフがお片付けに
バタバタしているのを見ながら落ち着くのを待っていた。

手があいたようで
「日本に帰らないで欲しい」と言ってくれたFabrizioに
「イエス」って意味解らん返答をしながら
お願いを切り出してみる。

そしたら彼は快諾してくれてビールを2本差し出してくれた。
「有難う」を言って、挨拶も済んだところで
「チェックお願いします」
と言ったら「今日は良いよ」という。
「そんなんアカンて!」って言ったのに
「今日はパティーだし(恐らくレジ閉めしたんだろうね)良いねんよ」的な事を言ってくれた。
そしてヨシヨシという風にハグしてくれる。
(油断も隙もないヤツめ!)
でも夕も感謝の気持ちを込めてハグしました。

で、その熱いハグ後の写真がこちら

DSC00466.jpg

(近いねん!って思った方。近いです。)
めっちゃ仲良しさんみたいに写ってますがその通りです。
最後にと、今から(二次会かな?)飲みに行くから一緒にいかが?
って誘ってもらったけど
「同行者がホテルでビールを待ってるので」
と残念ながらお断り致しました。

その後近いから大丈夫って言っているのに
スタッフがホテルまでバイクで送ってくれました。

有難う。本当にあなた達のお陰で旅は最高の思い出です。

またいつか彼らに会いにHawaiiの地を訪れよう。


そんな彼らについて最後に紹介を添えておきます。
**Fabrizioに写真を送ってと言われて教えてもらった会社のinfoのメールアドレスまでも何故か「不達」で返ってきて、夕は一応紹介する事を
報告しておこうと思ったのだけど仕方ないから勝手に紹介しよう。

Fabrizioの経営するレストラン&BAR

"MEDITERRANEO" Restaurant 「メディテラニオ」
美味しいイタリアの家庭料理を味わえるとってもフレンドリーなイタリアンレストラン
(ティラミスは必ず召し上がれ)

アクセス:
 1279 S.King st. Honolulu Hawaii
TEL:
 808-593-1466
公式HP:
 http://www.mediterraneohawaii.com


"Pane&Vino" Restaurant With Winebar 「パネ・エ・ヴィノ」
ワイキキの中心部、イタリアンBAR
イタリアワインとお料理が楽しめます。
(遅がけの時間ならこっちの方がFabrizioがかまってくれる時間は長い)

アクセス:
 408 Lewers St. Honolulu Hawaii
TEL:
 808-923-8466
公式HP:
 http://www.panevinohawaii.com


でもこの公式HPは繋がらないので他の紹介サイト

地球の歩き方」からお店の様子を伺ってみてもらえますか

ともう一つ、「モーハワイコム」ではFabrizioの生態がよく書かれています

これは現地での紹介文「The Honolulu Advertiser


前からの疑問なんだけど、こうやって勝手にリンクって貼ってよいものなの?
スポンサーサイト
2006.02.20 Comment:14 | TrackBack:0
なんか余りにも"歯"関連で検索エンジンでの
訪問が多いからカテゴリー追加してみよう。
「上顎炎」そんなに気になりますか?
(参考になる気はしないけど)
2006.02.20 Comment:4 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。