上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
ある日のことです。
レトロゲームをやってみる
こんな乙女二人の会話がひっそりと展開されました。
(ココマル氏、引用させていただきますね)

ココマル氏に一体どんな指名をされるのかということに
とっても興味があるのでやってみたいかも…かもかもかも。。。
>夕

ただ夕さんがなんて
コドモロイドなお言葉で回答してくれるんだろうと
興味があるだけなの…なのなのなの…
>ココマル氏


というわけで

☆指定つきバトン☆

ココマル氏より戴きました夕の指定は
"こども力"です。

◆最近思う 《こども力》

こども力とはいい歳をした大人のあどけない一面をさすものであって
子供がこども力にみなぎっているわけではない。
子供がはしゃいだって、それはただの「子供」だ。
対象は健全な大人のみに限定。
故にアダルトチルドレンをさすものでもない。
<夕の「こども力」の定義>

◆この《こども力》には感動!!!!

「おいしそう!」
「美味しい」は魔法の言葉です。

すっかりお腹いっぱいのくせに
丹精込めて作った料理をおいしいおいしいと完食してくれたら感動です。
何でもおいしそうに食べるあの子の顔は未だに忘れることが出来ません。
今は主婦となり、今度は家族においしいを提供していることでしょう。
 
◆直感的 《こども力》

「どうして欲しいねん!」
LANケーブルに対して放った一言です。
絡まりあったLANケーブルの配線がどうもこうもならん状況下。
笑いながら少しキレる彼女は間違いなく
秘めたるこども力の持ち主だと夕は睨みます。

◆好きな《こども力》

「びっくりした?」
好奇心旺盛なこども力。
夕とあの子と二人揃えばサプライズを企画する。
ビックリ笑いの表情が大好きで、10代の頃は二人で
サプライズ企画に励んだね。

も一つおまけにマイナスイオンを大放出するこども力には脱帽です。
苦しい場面で空気を変える一言。
夕はそんなこども力に憧れて、素敵な大人になろうと
決意してはや数年。
しかしまだまだ子供です。

◆こんな《こども力》は嫌だ!

「行こうよー」
送別会や歓迎会のお開きの時。
さりげなく帰ろうとしているのに二次会に誘わないで下さい。
ほらほら、行きたくない人はほっといて、あそこでお誘いを待つ
あの人をまず誘ってあげなきゃ。
誘われるのを待ってるよ…

◆この世に《こども力》がなかったら・・・

俗まみれ社会になってしまうに決まっているではありませんか!
大変なことです。
ダーリンの、思わず見せた無邪気な一面にクラリ。
という風景さえ失われる結果になりますよ!

◆次に廻す人、5人(『指定』付きで )選びます

今回もまた3名様にオミットです。
ご多忙のことと存じますが、よろしければお持ち帰り下さい。

黒猫♂氏:ベタに食系にしようかと迷いつつ、「娯楽」の方がおスキかと^^
前世は猫氏:ジンちゃんの記事に触発され「ゴロにゃん」を…
猫バカ1番氏:まんまでゴメンなさい、でも知りたい「猫バカ」度!

==============================================
(今更ながら修正しました)
☆指定つきバトン☆
◆最近思う 《△△》
◆この《△△》には感動!!!!
◆直感的《△△》
◆好きな《△△》
◆こんな《△△》は嫌だ!
◆この世に《△△》がなかったら・・・
◆次に廻す人、5人(『指定』付きで )選びます

スポンサーサイト
2006.04.29 Comment:13 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。