上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
目から出るものって言えば
涙なんかが一般的だと思うのですが、
たまにコンタクトレンズが出てくる人もいますよね。
(うちの母上はワンデーを外し忘れて翌日また装着し、二重にコンタクトをつけた経験有)
まぁ、そんなアホなことはなかなかないですが、
目から鱗ということわざを取り上げてみても
実際に目からウロコとか出てきたら驚きますよね。

でも、今日もっと驚くべきものが夕の目から出てきました。
本日夕は親戚宅を訪れたのですが、
親戚宅に到着したと同時に左目を強い痛みが襲いました。
異物混入…??
しかし、夕の脳内ではこの痛みはマスカラだと処理され、
とりあえず目薬をさしたのです。
しかし痛みが取れない。
んー。。あ、そっか!
親戚宅は動物を飼っているのです。
さては目にヤツらの毛が混入してしまったのでは…
目薬をパシャパシャさしてみても痛みは止まらない。
なかなか取れない頑固な異物です。
なぜだ…

本当に頑張って頑張ってみても、取れないのです。
小一時間ほどの格闘の末、
イラチのわいた夕は鏡の前を陣取って目をグルグルしてみました。
すると、一瞬チラリと犯人の姿が見えました。
あ!
と思って指で眼球をじかに触ってみると、上瞼の裏に黒い毛が見えます。
黒い毛ということは…
うちのニャンの毛じゃないか!!
いつから夕の目に居座っていたんだ!!
と思いつつ、つまんでみようとしても、その毛は妙にハリがあって
つかめない。
苛々しつつも慎重に、目玉を指で直接触れて瞬きを繰り返し、
やっと毛の先がまつげに引っ掛かりました。
すかさずそれを掴む夕。
で、ひっぱってみたら…
(怖いですよ、心の準備は良いですか?)

どこまでも出る出る、長い黒髪!
15cmはある女性の髪!(多分夕の髪)

いつ入ったんだ!こんな長いの!どうやって!
人に自慢できるような大きなパッチリした目でもないくせに
夕はこのつぶらな瞳の中にこんな長い毛を収納していただなんて!!!

いつ入ったのかサッパリわかりませんが、
こんなことできるだなんて夕は一人サプライズです。

あまりの驚愕に、夕は従兄弟に叫びました。
「見てみて!痛いと思ったらこんな長い毛入ってた!」
するとどうでしょう、従兄弟は夕をアホ呼ばわりして大爆笑ではありませんか。
(夕も従兄弟の立場ならそうするに違いない)
「目玉から生えてたんちゃう?」
という罵声まで浴びせかけられました…
(なんで目玉に毛生やさなアカンねん、アンタこそアホか!)


我が身ながら、人体の不思議に触れた出来事でした。

あぁ、コワイ…
スポンサーサイト
2006.05.14 Comment:27 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。