上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
だーれも気にしていないと思いますが、歯の経過報告を。
抜歯した箇所のその後は順調のようです。

夕の抜いた歯について少し。

その歯は根っこの先端に穴が開いていて、
レントゲンでは針先のように見えた。
(原因は、治療の際深く針をさしたせいか、虫歯に侵食されたせいかは不明)
根治(根の治療)の際に、生かすか殺すかの判断材料になる
一つの要素として、歯の根の先に穴が開いている
ということは非常に困難を極める状況らしかった。
だけど歯自体がしっかりしていたので
歯科医としては頑張って欲しかったらしい。

どうにか持たせたいという歯科医の思いと
一年以上の治療に疲れ早く取り除きたい夕との意見は
いつもかみ合わなかったが、最終的に「勿体無いよ」
と言われ夕が折れていた。

しかし旅行を機に、いつまでも治らない歯は抜いて頂戴
と三行半を突き出しやっとこさ抜くことになった。

というのが、抜歯に至る経緯。

で、その抜いた歯というのがまたね。
レントゲンで見た限りでは、根に開いた穴は
大きく写らなかったんです。
でも抜いてその穴を生で見たら驚きですよ。
爪楊枝の先ほどの穴が開いているではないか!

こんな状態だと初めからわかっていたならば、
治る見込みなんてないのは一目瞭然。

なのに。それなのに。
ただでさえ痛いし、無駄な闘病期間を過ごした事に対して
不愉快極まりない中で更に輪をかけて酷い言葉を…
酷いんですよ?

この医院には、夕の友人が勤務しており
その子から得た夕の知らない会話。

後日談。

この夕の抜いた歯を見て
「コレは無理だよねぇ(治るわけがない、治療しても無駄という意味)」って笑い者にしたんですって!!
(担当医の発言ではなく、衛生士たちの世間話だそうですが)
怒り心頭です。

我慢ならん。。。

友人に
「もぉーー!だから夕は抜いてて言ってたやんか!」
「人をおもちゃにせんとって!!」
って怒ったのですが
「えへへ」って笑って済まされました。

むむぅ・・・・許すまじ・・・・許すまじよ・・・・


(長いので明日に続きます)
スポンサーサイト
2006.02.24 Comment:21 | TrackBack:0

Secret

TrackBackURL
→http://u002.blog33.fc2.com/tb.php/102-dd4f547f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。