上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
「肩凝り検証」は一旦おいといて更新します。
(でも夕はまだ検証中。)
何か進捗がございましたら
「耳寄り?肩凝りに効きます?」へコメント下さいましな!

本日は思い出話です。
これは友人が免許取りたての頃の話です。

その日は予てから企画していた香川県うどん珍道中の日。
友人3人で楽しいうどん珍道中に旅立つ予定の日でありました。
しかし、前日に起きたハプニングによりこの日は波乱万丈な一日と化すのです。

前日の金曜日、夕はお知り合いの新妻さまと、
大阪の中心地"ミナミ"で
知人のお店でディナーに舌鼓を打っておりました。
「この生麩は最高に美味です!!もはや餅麩(夕は生麩のことを一生懸命餅麩と言う。おそらくそんなものはない。)のような味わい!!(うまい!!シェフを呼べ!!)」
「夕はコレが本当に好きですね。(アホやコイツ)」
お店の方(知人)もテーブルの方へ顔を出して下さったりして(夕をおちょくりに来ているだけ)
楽しい時間はあっという間に過ぎ、宴もたけなわとなった頃
新妻氏に旦那様からのラブコールがかかりました。

「もう遅いし、早くお帰り。」
あらあら、新婚さんの何と羨ましいことでしょう。
ダーリンが今しがた仕事からお帰りだそうです。
新婚さんのラブパワーをお裾分け戴き
名残惜しさが残るもお開きです。

「あなたもう少しミナミで遊んでいかれては?」
早めのお開きに気を遣った新妻氏が夕に提案されました。

「いえ、夕は明日、日帰りで香川でうどんですので、朝が早いのですよ。今日はまっすぐに帰ろうかと。」

そう。ちゃんと帰りなさい。
ただでさえお寝坊さんなんだから
早い就寝を取り、明日に備えなくては。
「ではごきげんよう」

ここまでは良かった。
真面目に真直ぐ帰ってこれました。よく出来ました。
日付が変わる前に帰路に着き、さて入浴でもしましょうかと
ひと段落ついた頃。
それがやってきたのです。

~♪♪♪

携帯電話が呼んでいます。
今日はもぅうち閉店やでー。今日は出ませーん。

♪♪♪♪♪~

あ。この音色は。
明日の香川メンバーである友人の内の一人、S氏ではないですか。
何事かしら??

夕「もしもーし?」
S「今少しお時間ありますか?要は、お誘いなのですが。」

S氏からのお誘いはと言いますと、
◎S氏に以前の職場の同僚から電話有
→夜遊びのお誘い
→このところあまりに断りすぎていたのでいい加減断り辛い
→しょうがないなぁ 少しだけなら
→誰か友達を連れてきて欲しいらしいと見える
→明日の香川メンバーなら明日に備えて帰宅してるだろう、
 この時間なら確実に捕まるんじゃないだろうか
(就寝さえしていなければ)
→早く帰れるように頑張るし
→付き合って欲しいの
→なに、ちょっとおちょくってすぐ帰るだけ、
 だって明日早いじゃない
→アタシなんてもぅお風呂入ってすっぴんだけど、
 別に問題ないと思うの
…へぇ。えーどーしよーかなー。(夕)
→もちろん車で送迎付きだし!!
…うーん。そっかぁ。S氏一人で行かせるのもかわいそうか。
じゃ、いいよ。本当に少しだけね。1時間2時間だけでよければ。(夕)

本当にすぐ帰るし!!とS氏は元同僚にタイムリミットを叩きつけ、
では今からお迎えにあがりますので一時間後くらいに
とのことでした。

一時間後…
これから遊びに行って更に一時間ぐらい…
帰ってきたら2時過ぎかぁ。

しかし携帯がそれからもメールお届けをピリピリ告げ、
「遅れるらしい」という。
「もう後30分くらい」とか
「まだかかるらしいけど起きてる?」とか
遅延ばかりを告げる。

こんなメールは読まずに食べてしまえば良かったのです。
寝てしまえばどんなに良かったことか。

結局お迎えが到着したのは1時半頃。
こんな時間から乙女を連れ出して一体何処へ行こうというのですか。
元同僚「ミナミにあるクラブ行くねん」
…え。夕さっきまでミナミ居たし。
てかクラブとか行きたくないし。帰りたい。

ブゥーーーン!!
あーあー 発進しちゃったよ。もぉー。
本当にすぐ帰るからね!!

この元同僚、すぐ帰してくれたと思いますか??
帰す訳ありません。度重なる帰りたいコールも空しく、
彼が重い腰を上げる気になったのはクラブがクローズした5時過ぎのことです。

帰りの車は重い沈黙が圧し掛かります。
S氏と夕の不機嫌は隠せる範囲を逸脱していました。
重い空気を少しは軽減しようとしたのか、元同僚が会話を切り出す。

「なー香川一緒に連れてってやー]

なに?
よく言えたわね。
一体どの面下げてそんなセリフが吐けるのよ!
連れて行くわけないじゃない!
不愉快極まりない気分なのよあなたのせいで。
寝る時間なんてないじゃない。どうしてくれるのよ!!
と言いたい気持ちをグッと堪えて、
そんな戯言は聞こえなかったかのように
さらりと流すので精一杯です。
ていうか、イライラするから、お願い黙ってて。

無事家の前まで送ってもらい、
S氏と時計を見合わせたときには既にAM6時前。

「どうしましょ?このままファミレスで朝食でもとって寝ずに行きましょうか」

しかし夕は諸事情によりこの日の前日もろくすっぽ寝ていないのです。
少しでも寝ないとナビできる気がしない。寝てしまいそう。
「少しだけでも体の為に睡眠をとりましょう。モーニングコールお願いできますか」

S氏の快諾を得て
「では9時に。起きるまで鳴らし続けます。」
コレで安心、遅刻なし。
さぁ、自分でも8時から30分ごとに音色の違うアラームを
セットして5分おきのスヌーズ効果。完璧だ!!
「では、10時に」


長いので続きます。
スポンサーサイト
2006.03.18 Comment:23 | TrackBack:0

Secret

TrackBackURL
→http://u002.blog33.fc2.com/tb.php/118-1418de6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。