上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
朝…にね、いつもの如く満員電車に乗っていたんです。
その半時間ほどの夕の戦いの記録をココに今記す。

その前日は といいますと
ボジョレー解禁になったけどまだ飲んでないから今日はボジョレーで!
とジョルジュを飲み飲み、「まだ浅い!」とか言いながら(偉そうに)
ご機嫌で食事をしていたのです。
するとそこへ(今となっては意味不明な)お誘いっぽいもの
楽しい食事の席でメール打ちもって「わぁ!充電きれそうや」
言うて 夕はコンビニまで走ったりしたのですよ?
でもねでもね、本当に
そんなメールは読まずに食べてしまえば良かったのです
充電切れたままにしとけばよいものを。
結局 「今デザートです」とか「今出たトコ」とかリアルタイムで実況中継し、その後の予定を切り上げてまで、夕はそのお誘いっぽいものに付き合おうと思ったのですが。
「まだちょっとかかるから 適当に時間つぶしといて」と言われ、
BARで待ちぼうけを食らって居た。
(アホやなーコイツと思うにはまだ早いですよ)
この時夕はボジョレーにほろ酔いだったので、
「アカンアカン、酔ってたら怒られるわ」と思い、
一生懸命お茶で酔いをさましていたのです。(BARで ですよ?)

お茶ばーっかり飲む。
来ない。
時計見る。
お茶注文する。
待つ。
時計見る。
来ない。

を気長にも、二時間半続けました。
二時間半、お茶飲み続けました

次の日
二日酔い ではなくて、寝坊で会社遅刻しそうになった夕は
顔だけ洗って化粧もせずに家を飛び出ました
タクシーに乗ろうと思ったら今日に限って、駅前のいつものところに居ない!
しかーし、この時間、まだ電車でもギリッギリ間に合う と思ったので
タクシー捜さずに、電車に乗ったんです。

そしたらね
…めっちゃお腹痛くなってきて、耐えられなくなった
これは…尿意…?
ちょっと待ってちょっと待っておかしいよ、何で何でなん?
いつも起きたらまずお手洗い行くやんか?そんなに近くないよまだ
と思ったら「あーーーー!」思い出した 夕、今日お手洗い行ってない。
顔洗っただけやん
気付いてしまうと ものっそ トイレが恋しい
今直ぐトイレに行きたい「次の停車駅は~お手洗い~お手洗い~」
とか言って欲しい。マジで。
そして更に思い出したのです。良くない事を。

========お食事中の人はちょっと手を休めて=============
昨夜の食事は辛かった。夕は辛いものが苦手です。
口は良くても体質に合わないらしく、お腹を壊すのです。

…Wの効き目のような気がしてきました

○今日は遅刻寸前
○一旦降りれば即遅刻
○もって頂戴、会社まで
○そりゃ難しい注文だ
○じゃぁ、駅(のトイレで)なのね?
○そうするしかないんじゃないの?ココでチビッコのようになりたいのかい?
○いくらなんでもそんなムチャな
○乗換え時に駆け込んでご覧
○そうだそうだ、そうしよう

こんな下腹部との会話をこっそりと。
くっそー何でこんな脂汗かきながら出勤せなアカンねん!
そもそもの原因は昨日に有り。と思うと尚のこと腹立って腹立って口惜しい!!
あーーもぅなんであんなにアホみたいに、もぉー 何が悲しくて
お茶ばっかり飲まなアカンかったんよーー
こんな仕打ちってあんまりやわ!
と思いつつ 顔色も変で 尿意をこらえ、下腹部も そうなの?そうなの?
と問いかけつつ、乗換えの駅に到着すると
普段は結構見落としがちなんですね、お手洗い。用事ないもん駅便所。
あのねー反対側の奥の階段まで行って登らないといけなかったんです。
でも背に腹は代えれないので「負けてたまるか」と階段に向かったんです。
しかしお腹痛いので速度が出ず、階段の目前で電車が来ました。

勿論一旦乗るでしょう?遅刻寸前の人間の心理として。
乗りました。電車に。
悶々とした車内での夕の様子は思い出すだけでも辛いので中略。
着きました目的地(会社の最寄り駅)
お手洗いを探しました。
その前に、電車の車内で用意周到にポケットティッシュを鞄から取り出し手に握り締めて。
一目散に駆け込みました。
間に合いましたよ勿論
会社にもね。
どちらもギリギリでしたが。
その後も余韻で痛かったし、膀胱炎なるんちゃうかしらと思った
出来事でした。

小さい頃ってよくこういうのあったけど(学校の帰り道とか)
大人になって初だったので本当にこわかった…(痛かった)
スポンサーサイト
2005.11.22 Comment:3 | TrackBack:0

Secret

TrackBackURL
→http://u002.blog33.fc2.com/tb.php/29-7c960bcb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。