上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
むっちゃ痛い。

右上5番です。あ、歯です。
抜いたんです。今日。
(主語述語がデタラメですが)

旅行前ですしね、
「こんな痛いもん持って行けるかーー!楽しめないじゃん!」
って先生に意見しました。
(眉間に皺を寄せ上目遣いで)
その様はタチの悪いチビッコです。
「そうですね、そんなにストレスなら取っても良いでしょうね」
ってやっとこ折れてくれました。
しかしいざ抜くとなったら怖気づく夕です。
「あの、先生、そーぅっと抜いて下さいよ?」
「抜く時は麻酔で痛くないのは勿論解ってるけど、抜いた後が痛くないように、ほら ゴキゴキされたら痛いし そーっとしてな?」
(最後はタメ口になっていた)

笑われましたが構いません。痛いのは本当に嫌なんだ。
近付いて来たのでもう一度(まだ心の準備が…)
「もう一回良いですか?あの、優しく丁寧にして下さいねマジで。そーぅっとお願いしますよ?」
しつこい。
でも優しいですねー先生
「解りました、絶対痛くないことはないですけど、痛くならないようにしますから」
矛盾したこと言ってはる。
で、上記を暫く繰り返してから、やっと抜歯に取り掛かりました。
麻酔(注射)の前に表面麻酔を施してもらっているにも関らず
夕は痛いと言う。薬が苦いとも。(我慢しなさい)
唇が痺れて、うがいの際お水をこぼす(これは仕方ない)
顔をしかめる。眉間に皺を寄せる。
無意味に先生を睨む(先生は悪くない)

いざ…

抜けました。
引っ張られてる時、いつも思うのだけど
頭蓋骨ごと引っこ抜けるんじゃないか
という気持ちにさせられる。

でもね、本当に丁寧にしてくれましたよ。
抜いた歯も、割れてしまいそうな小さな歯なのに、
どこを傷つけるでもなく、夕の歯ぐきを傷つけるでもなく
上手に取ってくれました。

でも、やっぱり痛い。麻酔切れたら普通に痛い。
我慢なりません。
今日はお酒も運動もお風呂もダメなんですって。
守ります。ちゃんと守ります。
これ以上痛いのはイヤだもん。


明日は、じょー氏から戴いた"リレーバトン"に取り組みます。
夕が勝手に指名する前に立候補して頂ける方がいらっしゃれば助かります。
スポンサーサイト
2006.01.26 Comment:12 | TrackBack:0

Secret

TrackBackURL
→http://u002.blog33.fc2.com/tb.php/77-9c641389
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。