上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
書いた記事が消えた…
これがあの例のバトンの呪いなのか…(シクシク)

と思いきや。
しぶしぶもう一度書き直そうと思って
更新ページを開いたら、なんか前文が残ってた。

なんだ?
何か解らんけど今日物凄く接続が悪いぞ?
fc2のサーバーの状況は◎とかなってるし。(ホンマか?)
再度、更新しようと思ってやり直しても、なんか変!

ウワーン!更新できない!
飛んでけ!夕の記事よ!
(現在3回目…)

そうそう、タイトルの件ですが
blogペットに興味津々です。
たのしそうー!

しかしあの手のものは勝手に記事書いたりすうるようで、
そんなことされたら、やはりちょっとウザイかもしれない。
(見たところ内容も大抵が意味不明だ。)

mini夕のようにおバカに育ちそうな気もする。(-公-;)

でも、見ていると羨ましくて欲しくなるんだ。
このキモチは一体…(新春のトキメキ)

2006.03.23 Comment:17 | TrackBack:0
どうしてどうして僕たちは迷ってしまったんだろう?
(リフレイン)

**next**

行動を振り返っても仕方なく
開き直りデタラメに走行し、隠れ里を抜け出たのは約一時間後。

それからの道も大きな通りであることはわかるものの、
現在地と阪奈道路への道が全くわかりません。

国道何号線かもわからず今居る道を彷徨った挙句、
見知らぬ土地を無駄に彷徨っても仕方ないんちゃうの
いうことで、コンビニで地図を立ち読みです。

何となく現在地とどこを目指せばよいのかを記憶に留め
車に戻りました。(地図買っちゃえば良かったのに。)

どんぶらこっこドンブラコッコと流れに任せ、
あれは何だったかな内環かな?
ずっと道を進んで曲がって、三回回ってワンをして
ぐらい無駄な動きをしてやっとこさ。

「ココ左折したら阪奈行く方やんな?」の道にたどり着きました。
そんなPM4時頃。
ココからは安心だだって阪奈乗れば良いもん!

機嫌よく阪奈を走っていたのも束の間。

・・・フフフ・・・
甘い甘い甘すぎるよ夕すけ…
阪奈の降り口知らないくせに…

「どの辺?(降り口)」と聞かれて
「えへへ、わかんない」
って、夕なら夕なら、助手席でそんなコト言うヤツは
引っ叩いてしまうに違いない。(間違いない)

でも さすがに引け目を感じた夕のとった行動とは
信号で隣に止まった車に
「郡山に行きたいのですが」と声を掛ける。
逆ナンの様な光景です。
でもそうするしかないじゃんだってわかんないんだもーー
S氏の父車にはナビがついてないのだ。

そうして数珠繋ぎに人様の優しさに触れながら
目的地に近づいていくのを感じたのですが
いい加減夕に振り回されて憔悴し始めたS氏は
こんな時にやらかしてくれました。

道を間違える。
と言うよりココ曲がらなきゃ!っていう所を通り過ぎる。
こらこらー!S!ちゃうやんココ曲がらなアカンのんちゃうのーん!
「あぁ!ほんまや!あぁ どうしよう!」
疲れもあり、とんだ山道で迷子なのもあり、
S氏は心細くなったのでしょう。

「彼(ダーリン)に電話して聞いてみる」
と言い出しました。
イヤイヤ、それはね、結構な事です。
一向に構わないのですが…

でもねこんな自分がドコ走っているかも解らない子達なのに
電話して意味あるの?
夕のおせっかいな心配ををよそに、
S氏はダーリンにTELしました(チッ ラブラブめ)

標識を元に状況を説明すると
「それは和歌山に向かう道では」との忠告を受け、
次第にS氏に焦りが募るのが手に取るようにみるみると…

「えっココ豪雨地帯?」
とか聞き捨てならんセリフもチラチラ聞こえてきたり。
電話を切るなり
「114に電話しなさいって言われました」
「このままではこの道に和歌山まで連れて行かれるとも言われました」
「114でお店の電話番号を聞いてそしてお店に電話して行き方を教えてもらいなさいとも!」

成程、名案です。
(しかも当人達ではない第三者に自分達の現在地まで教えてもらっている)
早速114で電話番号を入手する。
そしてお店に電話する。
そして現在地をを説明すると
「近いですよ」
との返答が得られ、少し安心を覚える。
S氏にナビる。
今度はちゃんとナビる。
30分くらい走った所で発見!
垢抜けない名前のボウリング場の看板!
(車車車、車三つのボーリング場)

一時はどうなるかと思われたドライブでしたが、
ゴールに辿り着けた喜びでひと時テンションが華やぎます。
途中、くじけそうになり、意識がふらふらし
"もぅ、ケ○ちゃんラーメんでいいよ…"
と何度口から出そうになったか知れません。

「夕、ココのラーメンめっちゃ好きやねん、めっちゃ美味しいねんでぇ!」
ナニ自慢?みたいな会話をしながら
久しぶりにまたココに来れたのも凄く嬉しくて、キャッキャ言いながら店内へ。
懐かしい店内の様子は変わらずで、
いつものラーメン小とえびマヨとビールを頼みました。

ビールを飲んでほっと一息つく。
ワクワクしながらラーメンを待ちました。
ゴハン時なので満席に近い状態です。
結構待たされて、テーブルにラーメンとえびマヨが運ばれてきました。
念願のラーメン…
またお前を口に出来るなんて…

***************
皆様、恋愛マジックというものをご存知でしょうか?
いや、何も恋愛でなくたって結構なのですが、
凄く楽しい食事の場って、料理がそんなに美味しくなくても
とっても美味しく感じたりするじゃないですか。
夕、ここのラーメン屋さんに通った時期って
そういえば楽しかったし、このお店に思い出も一杯詰まってます。
何が言いたいのかと申しますとね。

あんまり美味しくなかった…

シェフ(チーフ?作る人です。)が変わったのかも知れないけれど、
夕はね、ここの心斎橋店にも行った。(今はなき心斎橋店)
上本町店にも行ったの。
でもどこもこの郡山店ほど美味しく感らじれなかった。
それは当時から。

だからここしかないんだと思ったんだ…
やっとたどり着いたのに。

あ、えびマヨは当時と変わらずでしたよ。
マヨネーズソースにね、多分パイナップルを使って作ってるんです。
甘くておいしい!
(でもビックリするほどオイシイと思えないのはなんで?)

普通に2号線沿いとかで、もっとおいしいラーメン屋さんに
出会えるかもしれないねレベルになっていたので
悲しかったです。

目の前にあるのは、散々夕に「超オイシイねんでぇ」と期待を持たされたSの微妙な表情です。

「まぁ、今日は運転の練習(Sは当時免許取りたて)と思ったらええんちゃう…?」
と言いながら帰路に着きました。

帰り道の運転の早かったこと早かったこと。
(良かったね、今日のお陰でだいぶドライヴィンテクニック向上したやん)

そんないつかの母の日。


2006.03.20 Comment:18 | TrackBack:0
「では10時に」

**続き**

…目が覚めるとやけに静か。アラーム全然鳴ってない。
あれ、おかしいな。
携帯チェックしようかと手に取ると。
充電切れてます。え、いつからいつから??
冷や汗を握りながら、携帯チャージ…
電源を…ロックオン。さぁ、ワッツタイムイズイットナウ?
... 続きを読む
2006.03.19 Comment:18 | TrackBack:0
「肩凝り検証」は一旦おいといて更新します。
(でも夕はまだ検証中。)
何か進捗がございましたら
「耳寄り?肩凝りに効きます?」へコメント下さいましな!

本日は思い出話です。
これは友人が免許取りたての頃の話です。

... 続きを読む
2006.03.18 Comment:23 | TrackBack:0
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが
夕はチョコレートが大好きです。
これは夕の周りでは有名な事実です。
(過去ログ「大好物」@2005/10/30参照)

バレンタインについて振り返ってみた。
毎年、必ず戴いています。
そこらへんの男性より多いのが自慢でした。
お下がり(*女性から貰ったチョコを食べられなくて夕に与えるという喜ばしいシステム)も勿論含まれておりますが。
しかし今年得たチョコレートは2個。

不満だ。
こんな過去最低値を弾き出すなんて。

この内訳を申しますと

14日当日。1個

これは妹の友達から「ショコラケーキ」をもらう。
妹の話によると彼女は夕のファンで、
何故か憧れてくれているそうです(可愛い奴め)
妹には「キショイわー」と言われますがそんなもんは知らん。
以前も、自作の灰皿のお土産(陶芸体験?)をくれたりと思いを伝えてくれる健気な子。

一緒に遊びに行きたいと言ってくれているが、
「うんうん、高校生になったらね」
と受け流してきた。
この春、その「高校生」がやってくる。
(おそろしい、適当な事は言うもんじゃない)
まぁ実態がこんなんだと知れば、淡い憧れなんてすっ飛んでしまうことでしょう。

そしてもう一つ。
旅行のお土産を渡そうと無二の親友に会った時に。
こちらはコンビニチョコ盛りだくさんと、何かのサンプルのタバコ。

さすが彼女は忘れていない。
夕がどれだけチョコを愛しているかということを。

他の友人達には忘れられていた。
これは由々しき事態です。
夕の「チョコ好き」知名度がどんどん落ちている。

どうやって名誉挽回しよう。
チョコレート大好き委員会でも発足すれば良いのか?
世界の中心でチョコを叫ぶ?

くそぅ、夕が電波ジャックできたならネスレ・森永やグリコにめっちゃアピールするのにな。
(新製品は逐一チェックしてます)
そしてベルギー、スイスの素晴らしさについても説こう。
(濃厚なベルギーチョコに、スイスの生チョコ、大好きです)
ウィリー・ウォンカのその才能にも触れよう。
(ウォンカチョコめっちゃ食べたい)

願望は尽きませんが、夢物語で終わりそうなので
この際 何かこう、あれだな。
収拾つかなくなってきたので「子供の頃の夢」的な締め方しようかな

夕が大富豪になったらホームパーティーで
チョコレートフェスティバルを毎週開催しよう。
(アカン、ブクブク肥えてしまうわ)
2006.02.23 Comment:22 | TrackBack:1
携帯を変えて1W経とうかというのに全く使いこなせない。
最近の携帯文化の進化は凄いですね、ついていけない。
以前までは一年程度のブランクならNEW機種についていけたのに。
今は早い。しかもムズイ…
メーカーを変えてしまったら何が何だかです。

夕は普段、いつどんな時でもマナーモードなので
機種変してすぐ、ピコピコいう自分のケータイが気に入らない。
で、マナーモードの設定をしようと思うのに見つからないんです。
ファンクションからも、サイドキーにもどこにもない(かに見えた)
仕方がないので一緒に居た人に託してみたら、
やはりその人も探しまくるのです。
で、知恵を尽くして探し当てたらしく、
物凄く誇らしげで男前な顔をしてらっしゃいました。
(負けん気強いやっちゃなーと思ったけど口には出せず)

でですね、他にも以前のケータイと同じ設定にしたいのだけど
説明書とにらめっこする前に一旦自分でね、
見つけてあげたいじゃないですか。答えを。
でもね、予想に反するのです。何においても。

そんな時脳内のプチデビルが囁くのです。
"説明書見なよ"って
本当にチラッと説明書見たろかなと思うのですが
脳内のね、リトルエンジェルが叱咤するのです。
"イヤイヤ、ココで負けてはダメだ、甘え癖がついてしまう"
はぁ、そうですか…
そして自分に鞭打ち、挑んでみたわけですが…

結果
電池を無駄に消耗した ということと
気がつけば一週間経っていた という感じ。
で、どうしたのかって?
脳内のリトルエンジェルをひねり潰して、
一生懸命説明書読んでます。
(プチデビル圧勝)

2006.01.25 Comment:6 | TrackBack:0
サックスは良い。
サックスは楽しい。
数ある楽器の中で夕はこのサックスがとてもお気に召しました。
スウィングガールズを見て以来、物凄く感化されたのがキッカケです。ミュージック教室に通いたくなってしまった。

土曜日、Yミュージック教室へ足を運びました。
サクスフォンの体験入学です。
友人(M)と共に2週間前から予約をし、
この日が来るのを浮き浮きワクワク待ち侘びていたわけです。
はずでした。
夕はその日、先約で茨木市へと出向かなくてはならなかった為、
待ち合わせを「現地集合で」と友人と連絡を取り合う。
このニュアンスはよくもっと確認しなけりゃなりません。
夕は現地(心斎橋)待ち合わせだと早とちり。
友人は現地(教室)集合のつもりだったなんて知る由もなく。
更に起こる不始末。
もっと大切な根本的なところから叩きなおさなければなりません。

一、確認メールはよく確認して下さい。
一、友達からのメールも内容をよく読んでから返信して下さい。
一、人を当てにするのを止めて下さい。

その日はバタバタした為に、体験教室からの確認メール(住所添付)を見直すこともせず、プリントアウトするでもなく茨木に向かいました。
浅はかな夕の脳みそには
Mが場所知ってる(だろう)し、まぁ取り敢えず心斎橋で落ち合ったら良いよね
なんて甘えた考えがあった事は否めません。
予定が押して、微妙に遅刻気味の夕。
御堂筋、電車内でケータイがなりました。Mです。
「ウチ、もう着いてるで」と
どこに?と聞きますと、
「イヤイヤ、現地でって昨日メールしたやん、教室の下の楽器コーナーで待ってるのに」
え?心斎橋(駅付近)じゃないの?
「もぉーちゃんとメール見てよねー!!」
とプンプン怒られたので
イヤイヤ、解釈の違いちゃいますのん
ってゴリ押ししてみたらもっと怒られた。(ちぇ)

到着。
ん?どうも様子がおかしい。
M曰く、場所間違ってる感がさっきから物凄くするのだと…
でも、何故今になって?
しかも二人ともお利口サンなので、教室の電話番号はおろか、
プリントアウトした地図も持ち合わせておらず、
教室の名前までうろ覚えだったのでした。
もし違うところだったら感じ悪いよね…でもココってY楽器の系列じゃなかった?
受付に尋ねてみよう。という事で
受付に確認しますと、やはり支店(?)を間違った様子。
サクスフォン体験入学コースは戎橋店でのみ承っておりますとの事。
予約の時間まで後20分。間に合うか?
一旦電話番号を教えて下さいなと受付のお姉さんに
お願いしてみたら、連絡を取り合ってくれて
調べているようなのですが、どうもスムーズにゆきません。
3店舗ある中で、全てに確認してくれたにも関らず、
本日サクスフォンの教室を開講している気配が全くないそうだ。
どういうことだ
あのね、ヤ○ハって名のつくミュージックスクールって他にないのでしょうか??
何度もお手を煩わせて…と言いながら
しっかり自分の願いを聞き入れてもらおうとする
ちゃっかり者の二人に食い付かれた受付のお姉さん(可愛そうに)
そうですね、お調べしてみます。といい、あ、もう一軒ございます!
とまたもや連絡をとってくれた。
どうやらHITした様子。
でもその教室は心斎橋界隈ではなく難波方面。
その時、既に予約の5分前。ヤバイ。
「遅れます」とお伝えいただき、難波へと向かう二人。
その時は予約の時間を回っていた。
体験入学の時間は一時間しかないというのに、アメ村を南下しながら
「タコヤキ屋多すぎやな、無駄に。でも食べたくなってくるね」
なんて意識をアッチコッチ向けながら取り分け急ぐ様子もなくです。(急ぎなさい)
道々、タバコを買ったりチンタラしていたら到着した頃には
予定の時間をはるか30分経過していました。(二人ともマイペースです)

「スミマセン…」と謝りながら教室へ案内されたら、
他の生徒さん達は既に音を出していた。
乗り遅れた!と気付くには随分遅すぎましたが
先生が巻いて巻いて夕達を同じ軌道に乗せてくれました。
案外ね、その日のうちに音が出るようになるのです
ちょっとした、「ソ・ラ・シ・ド」しか使わない簡単なコーラスなんかも出来ちゃうのです。
実に成長が早いと勘違いできる素敵な楽器なのです。
(アルトリコーダーと同じ指使いだからね)
めっちゃ楽しかったんです!楽しかったんですよ!
でも、入学の申し込みはしてきませんでした。
なんでって、時間選べなさ過ぎなのと
今日のメンバーで受講することになりそうだったから…
夕達以外の生徒さんはおじいちゃんと大人しそうなおじさんだったの…
(折角だから年近い乙女達とキャッキャ言いながら練習したいやん?)終わってから、皆でゴハン食べに行ったりとかもしたいやん??
それと他の楽器も体験してみたいのもあって
今度は友人Mの希望の楽器の体験に付き合う運びになりました。

最後に
「サキソフォン」 「サクソフォン」 「サクスフォン」
の違いがイマイチ良くわからない
2006.01.23 Comment:8 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。